活動報告

ピンクリボン 2021 ポスターデザインコンテスト

 ピンクリボンかがわ県協議会は、若い世代の感性を乳がん検診の啓発につなげようとポスターデザインコンテストを開催しました。

 県内在住の中学、高校、大学、専門学生を対象に「乳がんは早期発見・早期治療が大切である」ことを広く伝えるポスターを募集。10月5日、同コンテストの特別協力企業・団体(下記参照)代表者など9名からなる審査員がそれぞれの視点で審査を行いました。今年は110点の応募作品の中から香川短期大学2年の地濱愛さんの作品「ははのひおめでとう」を最優秀賞に選出。特別審査員賞など全10作品に賞を贈りました。
 10月19日にイオンモール高松(高松市香西本町)で表彰式を行い、各審査員がプレゼンターとなって入賞者10人に賞状と副賞(特別協力企業・団体提供商品など)を手渡しました。以下、作品コンセプトや受賞者の声などを紹介します。

■主催/ピンクリボンかがわ県協議会 ■特別協力/国際ソロプチミスト高松 高松市薬剤師会 高松西ライオンズクラブ
株式会社アイム イオンモール高松 香川ヤクルト販売 キリンビバレッジ株式会社 株式会社 人生は上々だ 香川県予防医学協会
■後援/香川県 高松市 香川県教育委員会 香川県医師会 高松市医師会 香川県がん検診受診率向上プロジェクト 四国新聞社

結果発表

最優秀賞:香川短期大学経営情報科 デザイン・アートコース2年 地濱 愛 様

作品名「ははのひおめでとう」

Q1受賞の感想を教えてください。

まさか自分が最優秀賞をいただけると思っていなかったので、驚いたのと同時にとてもうれしかったです。

Q2作品のコンセプトや込めた思いは。

 母の日という1年に1度のお祝いの日を「この先もずっと続けられるように」という子どもの純粋な思いを表現しました。お母さんの体を大切に思っているのはお母さん自身だけでなく、家族や周りの友人も同じ思いだということを改めて意識してもらい、乳がん検診を受診する人が増えるきっかけになればと思い制作しました。

Q3こだわった点は。

 見た人に思いがダイレクトに伝わるよう写真にしました。淡いピンクの布の上に、ピンクのリボンやカーネーション、手紙などを置いて撮影。乳がん検査券が目立つよう、物の配置にこだわりました。ピンクを基調とし、全体にメリハリを持たせるために鮮やかな赤や反対色の緑を用いたのもポイントです。子どもが母親に贈るプレゼントなので、乳がん検査券や手紙の文字やイラストに子どもらしさを心掛けました。

Q4今後の抱負は。

 今後も見た人の意識を変えられるような作品を作っていきたいです。私も定期的に乳がん検診に行きたいと思います。

その他の受賞作品

特別審査員賞:古高松中学校2年 小原 朋那 様

作品名「検査に行ったお母さんに」

 特別審査員賞を受賞してとてもうれしいです。乳がんは早期発見できればほとんどの人が治癒するとされています。そのため、全国の女性にいち早く乳がん検査を受けてほしいという思いを込めて描きました。検診に行ったお母さんに子どもが「ピンクリボン賞」として、ティアラとリボンをかけてあげるイメージです。リボンを大きくデザインして目立たせました。このポスターができるだけたくさんの人の目に触れてほしいです。今後も人の心を動かせるようなポスターをたくさん描いていきたいです。

ピンクリボン賞: 専門学校穴吹デザインカレッジ グラフィックデザイン学科2年 笠井 友希 様

作品名「おっぱいが主役の日を」

 制作に当たり乳がんについて調べると、2年に一度の受診が好ましく、早期発見で完治することが分かりました。そのため美容室やネイルサロンなどに通う感覚で「おっぱいを主役にする日」を作って、乳がん検診にも定期的に行ってほしいと思い制作しました。命を落とす方が1人でも減ってほしいと思います。

ピンクリボン賞:高松工芸高校デザイン科3年 宮本 陽菜 様

作品名「不安から安心へ 」

 女性が電車に乗ろうとしている瞬間を切り取りました。電車を待つときの期待のドキドキと、乳がん検診を受診するまでの不安なドキドキをかけ、安心な気持ちへと変えていこうという思いを表現しました。これからも通りがかりの人の目にも留まるようなデザインを考えていきたいです。

ピンクリボン賞:香川短期大学経営情報科デザイン・アートコース1年 光家 朋花 様

作品名「貴女も一緒に 乳がん検診へ!!」

 1人で検診に行くのは勇気が必要ですが、家族や友達と誘い合うことで、みんなで健康を守ることができます。国籍を問わず全ての女性が受けてほしいという思いを込めて「あなたも!(行こう)」という呼び掛けをさまざまな国の言葉で描きました。この作品で多くの人の命が守られ、早期発見につながればと思います。

ピンクリボン賞:高松工芸高校デザイン科3年  出口 真由香 様

作品名「大切な人を 守り続けたいから」

 シンボルマークの輪っかの部分にお母さんを、リボンの先にお父さんと子どもを描き、胸に抱えているようなデザインに。お母さんの温かい雰囲気が伝えられるようピンクの同系色でまとめ、塗り方や線の太さにこだわりました。いつも忙しく働くお母さんには、大切な家族を守るためにも検診に行ってほしいです。

ピンクリボン賞:香川短期大学経営情報科デザイン・アートコース2年 石井 希和 様

作品名「人生のテンポ 」

 一定のテンポを刻むメトロノームと日常の生活をかけました。検診に行くことで毎日同じ生活が送れている幸せを感じ、早期発見につなげてほしいです。ピンクリボン運動はピンク色のイメージが強いですが、背景に青色を使用するなど、目を引くような色味や文字の配置にこだわりました。

ピンクリボン賞:高松工芸高校デザイン科3年 田尾 菜々美 様

作品名「日常に検診を 」

 乳がん検診の受診率が約50%と知って、その原因は行きづらい雰囲気にあると考えました。そこでやるべきことを一覧にした母親のToDoリストに「乳がん検診に行く」という項目を加えたデザインにしました。検診に行くことは特別なことではなく、日常にしていることと同じと思って受診してほしいです。

ピンクリボン賞:高松工芸高校デザイン科3年 髙木 花菜 様

作品名「検診にいこう 」

 今まで賞をいただいたことがなかったのでとてもうれしいです。一目で意図が伝わるデザインにしたかったので、ピンクの線で胸を押さえている女性を描き、シンプルに仕上げました。女性らしさを表現する腰のカーブが難しかったです。自分もかかるかもしれないので、検診はきちんと行きたいと思います。

ピンクリボン賞:古高松中学校2年 高原 渚紗 様

作品名「つながるリボンの輪」

 祖母が乳がんにかかり、今は元気になりましたが治療中はとてもしんどそうでした。そんな思いをする人が減ってほしいとの思いで、「早めの検診」「検診を次世代につなげる」という願いを込めました。私と祖母が母に検診を勧めている様子を描き、3世代につながるピンクリボンの輪が表現できたと思います。

高松丸亀町壱番街前三町ドームをライトアップ

 日本人女性の9人に1人が発症するとされる乳がん。命を守るためには定期的な検診による早期発見と治療が重要です。高松丸亀町壱番街前三町ドームでは、啓発運動のシンボルカラーであるピンクのライトアップを10月1日から1カ月間実施しました。懸垂幕を掲示し、商店街の約40カ所に啓発用バナーフラッグを飾り付けて、買い物客らに早期発見・早期治療を呼び掛けました。

主催:ピンクリボンかがわ県協議会
共催:香川県予防医学協会
後援:香川県、高松市、香川県医師会、高松市医師会
協力:高松丸亀町商店街振興組合、高松三越

活動紹介のビデオレターを作成しました

私たちの活動を映像でまとめました。

↓↓↓↓↓

https://youtu.be/iwNfVWAV25M

若い世代から母へ みんなに伝えたいピンクリボン運動

 10月の「乳がん月間」に合わせ、今年も高松丸亀町壱番街前三町ドームでライトアップを実施しました。今年は例年行っていたウオーキングイベントに替えて、「ポスターデザインコンテスト」を開催。若い世代にもピンクリボン運動の大切さを訴えました。

ポスターデザインコンテスト結果発表【ピンクリボン2020】

 若い世代の感性を乳がん検診の啓発につなげようと、県内在住の中学・高校・大学・専門学校の生徒・学生を対象に、「ピンクリボン2020ポスターデザインコンテスト」を初開催しました。
 「乳がんは早期発見・早期治療が大切である」ことを広く県民に伝えるポスターを募集。114点の応募作品の中から高松工芸高校デザイン科3年の多田羅琴梨さんの作品「11人に1人」が最優秀賞に選ばれました。
 10月20日には高松市浜ノ町の県医師会館で表彰式が行われ、多田羅さんら4人の入賞者に賞状と記念品などを贈りました。受賞者の声と作品コンセプトを紹介します。

審査の様子

入賞者

最優秀賞 作品名「11人に1人」高松工芸高校デザイン科3年 多田羅 琴梨 様

Q1,最優秀賞受賞の感想を教えてください。
私自身も気に入っている作品だったので、それが評価されてとてもうれしいです。

Q2,テーマはどのように決めましたか。
ピンクリボン運動について知識がなかったので、インターネットで調べることから始めました。乳がんになる確率は100人に1人くらいだろうと思っていたら、実際は「11人に1人」と知って、とても驚きました。このことをみんなに伝えたいと思い、「11人に1人」をテーマにしようと決めました。

Q3,作品コンセプトは。
ピンクリボン運動のシンボルマークをつなげて11人の女性に掛け、1人のリボンだけを紫色にすることで「11人に1人」ということが一目で分かるようにしました。ピンク色をメインカラーにし、同系色でまとめて紫色が目立つようにしました。

Q4,作品への思いを教えてください。
「いつの間にか乳がんになっていた」という悲しいことが起こらないように、みんなが笑顔で過ごせるようにとの願いを込めて制作しました。作品作りを通して、乳がんは他人事じゃないと実感しました。私自身も積極的に検診を受けたいと思います。

表彰式 多田羅 琴梨 様

特別審査員賞 穴吹デザインカレッジ マンガ・コミックイラスト学科1年 髙橋 空様

 受賞を聞いて素直にうれしかったです。「小学1年生の女の子が乳がんで入院していた母親の帰りを喜ぶ」という物語を作品に込めました。ママ世代の女性に「子どもに寂しい思いをさせないためにも検診を」と思ってもらえるきっかけになればと思います。

作品名「夏休みの思い出」

●国際ソロプチミスト高松賞 高松工芸高校デザイン科2年 椛谷 琳加様

 作品に込めた思いが多くの人に伝わってうれしいです。一人一人の女性の顔や髪形を変えたのは、自分と同じような人を見つけてもらい、「他人事ではない」と思ってもらいたかったから。この機会に家族や周りの人にも検診の大切さを伝えていきたいです。

作品名「他人事じゃない」

●高松西ライオンズクラブ賞 穴吹デザインカレッジ グラフィックデザイン学科2年 
實川 愛理 様

 賞を受賞し、大変うれしく思います。検診を受けることで女性が自信を持ち、胸を張って堂々と生きてほしいとの思いで制作しました。自信あふれる表情になるよう、何度も描き直しました。私もこの先、楽しく健康で生きていきたいので、検診を心掛けたいです。

作品名「胸をはって生きる」

■主催/ピンクリボンかがわ県協議会 
■特別協力/四国新聞社、香川県予防医学協会、株式会社人生は上々だ
■特別協賛/国際ソロプチミスト高松、高松西ライオンズクラブ、キリンビバレッジ株式会社、香川ヤクルト販売、香川県がん検診受診率向上プロジェクト
■後援/香川県、高松市、香川県教育委員会、香川県医師会、高松市医師会

10月はピンクリボン月間です

 乳がんは日本人女性が最も多く罹患しているがんですが、早期に発見できれば95%が治癒するとされています。高松丸亀町壱番街前三町ドームのライトアップは、乳がんの早期発見・治療の啓発を目的に実施しています。点灯式は中止となりましたが、ライトアップは10月1日から1カ月間行いました。ドーム内をピンク色で染めたほか、懸垂幕を掲示し、商店街の約40カ所に啓発用のバナーフラッグを飾り付けました。

主催:ピンクリボンかがわ県協議会
共催:香川県予防医学協会
後援:香川県、高松市、香川県医師会、高松市医師会
協力:高松丸亀町商店街振興組合、高松三越

2/1身体も心も軽くなるヨガを開催しました

開催終了しました。


 香川ヨーガ道友会インストラクターの稲毛富子さんが、香川県社会福祉総合センター3階文化教養室で乳がん患者に向けたヨガ講座を開く。参加者はヨガマット(バスタオル可)、飲み物を持参。無料(申し込み不要)。午後2時からは同センター6階和室研修室で乳がん患者会によるおしゃべり会も開く。

日時:2020年2月1日土曜日 午前10時から
場所:香川県社会福祉総合センター 3階文化教養室(高松市番町1-10-35)
問い合わせ:ピンクリボンかがわ県協議会 〈090(2823)4041〉

12/21 乳がん患者おしゃべり会を開催しました

開催終了しました。


 乳がん患者が治療や副作用についての悩みなどを話し合う。申し込み不要。参加費は無料。

日時:2019年12月21日(土)午後1時から
場所:瓦町FLAG8階市民活動センター会議室
お問合せ:ピンクリボンかがわ県協議会〈087(868)5578〉

11/30 街角リボンサロン講習会を開催しました

開催終了しました。


 三豊市食生活改善推進員の奥田ハツミさんらと一緒に、料理研究家の辰巳芳子さん考案の玄米を使った「いのちのスープ」など魚と野菜が中心のメニューを5品程度作る。午後1時30分からはがん患者によるおしゃべり会を開催。

日時:2019年11月30日午前9時30分から
場所:香川県社会福祉総合センター6階調理室
申込締切:2019年11月20日(希望者は電話かファクス、メールで申し込む)
参加費:500円
持ち物:エプロン、三角巾、マスク

問合せ:ピンクリボンかがわ県協議会〈087(868)5578〉

10/27街角リボンサロン講習会を開催しました

開催終了しました。


 医療や福祉の専門知識を持つソシオエステティシャンの吉川佳子さん、橋詰静代さん、森本裕子さんが肌ケアとメークのこつを紹介する。午後3時からは乳がん患者会によるおしゃべり会を開く。

日時:2019年10月27日午後1時30分から3時まで
場所:常磐総合コミュニティセンター会議室
持ち物:自分のメーク道具と鏡を持参
参加費:無料

問い合わせ:ピンクリボンかがわ県協議会〈087(868)5578〉

ピンクリボンいくしまウォーク2019を開催しました

 がんの中で日本人女性が最も多く罹患しているのが「乳がん」。とはいえ、早期に発見できれば完治する可能性が高いがんでもあります。県内でも乳がん検診の重要性を広く周知しようと、さまざまな活動が行われています。今年も10月の「乳がん月間」に合わせて、高松丸亀町壱番街前三町ドームのライトアップと「ピンクリボンいくしまウオーク」を開催。早期発見の大切さを訴えました。

 乳がん検診による早期発見と治療の重要性を呼び掛ける「ピンクリボンいくしまウオーク」が10月20日に行われました。

 県総合運動公園(高松市生島町)を発着する約10キロの道のりを歩く「ウオークコース」と、同公園内に設置した4カ所のチェックポイントを巡る約4キロの「ラリーコース」があり、子どもからお年寄りまで約600人が参加。ピンクリボンが描かれたタオルを身に着け、ウオーキングを楽しみつつ乳がんの知識を深めました。

 高松丸亀町壱番街前三町ドームのライトアップは、ピンクリボン運動をより多くの人に知ってもらおうと毎年実施しています。ライトアップ初日の10月2日は香川オカリナの会のメンバー約40人がオカリナ演奏したほか、グッズの配布や抽選会、ハンドマッサージなどを行いました。

 乳がんは日本人女性の11人に1人がかかるとされていますが、早期発見できれば治癒率は90%以上といわれています。40歳以上の女性には2年に1度の乳がん検診に対して、市町から受診料の補助があります。自分はもとより家族のためにも定期的な受診を心掛けましょう。


主催/ピンクリボンかがわ県協議会
共催/香川県予防医学協会
協力/香川オカリナの会
   高松丸亀町商店街振興組合
   高松三越 高松西ライオンズクラブ
   日本エステティック協会
   ディノス・セシール

9/6街角リボンサロン講習会を開催しました

開催終了しました。


 QOL訪問看護ステーションQちゃんの看護師・中村隆一郎さんが「在宅で訪問看護を!」をテーマに講演する。同3時からは、乳がん患者会のおしゃべり会を開催。(おしゃべり会は申し込み不要)。

日時:2020年9月6日午後1時30分から
場所:瓦町FLAG8階会議室
参加費:無料

問い合わせ:ピンクリボンかがわ県協議会〈087(868)5578〉

カテゴリー一覧

年別アーカイブ

ページの先頭へ戻る